フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 頭の整理 | トップページ | 仕切り直し »

2006年10月11日 (水)

カウンセリングについて思うこと

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへこの記事がお気に召したら1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)

 カウンセリング(または心理療法)も、治療とそれによる効果の実証性が重要視されるようになってきました。心理療法の世界にはいわゆるスタンダードと呼べるようなものがなく、臨床家によって、同じ症状であってもとる方法が違うなど、”あやふやな”心理療法が横行してきました。

 そんな現状を変え、「どこで受けても同じ治療」をめざした多くの研究が積み重ねられています。「こんな症状にこんな方法を使ったら、どの程度良くなった。」ということがキッチリ予測できるようにしようということですね。私も、実証性を重んじる心理療法を学び、実践しています。

しかし、それはそれとして、次のようにも思います。

”心理療法には実証性と「芸術性」が必要” だと。

 言い換えれば、

”心理療法は科学であると同時に芸術である” ということでしょうか。一見相容れない二つのものが同時に存在していると。

 先の記事では「音楽療法」について簡単に書きましたが、芸術を使った心理療法は他にもたくさんあります。例えば・・・「箱庭療法」「コラージュ療法」「描画法」「絵画療法」など。

 しかし、そうした技法ということではなく、なんと言いましょうか、クライエントさんの心情を理解するところ(カウンセリングの世界では”受容・共感・自己一致”などというロジャースの3条件が有名ですが)に、芸術的なセンスがいるのです。

 私の師匠いわく  ”詩人になれ” ・・・

非常に含蓄のある言葉でどうもピンときませんでしたが、臨床歴を重ねたいまは実感しています。

 私なりに言い換えれば、 ”(詩に限らず)アーティストになれ”  ということでしょうか。もっとも、心理療法は普通「言葉」を使うので、”詩人”は最も適していると思います。

 こうしたアートがどのように、心理療法に役に立つのでしょうか?その前に・・・何故、人はアートで感動するのでしょうか?感動しないまでも、何か心を動かされるのでしょうか?

 科学的ではありませんが、一つの回答はいわゆる”ニューサイエンス”の中でなされています。その作品の作者(アーティスト)の、作品に込めた「心情」が、時空を超えて、それを経験している人の心とシンクロするからだ・・・と。

 これは少し荒唐無稽かもしれません。しかし、こう考えてみてはどうでしょう。

 芸術作品というものは、ある意味、作者の心情の象徴と言えるわけです。作者の心情が閉じこめられた具象物なわけですね。そこに込められた心情は、(壊れない限りに於いて)時空を超えることが出来ます。ルーブル美術館で「モナリザ」を観れば、ルネサンスの時代にダ・ヴィンチの込めた心情に触れることが出来るわけです。そこから何かを”感じる”ことが出来れば、それは時空を超えてダ・ヴィンチとシンクロしたという見方も出来ないではないかもしれません。もっとも実際”シンクロ”できたかどうかは、確かめようがありませんが・・・。

 ともあれ、今実感していることは、「クライエントさんにシンクロすること」こそが心理療法の第一歩なのであろうということ。それは、科学や論理的思考ではなく、芸術的な直観により近いものであるということ。そして、それと共に、実証的な方法を用いること。それでこそ、心理療法は効果をあげうるということ。優れた心理療法家はおしなべて、こうした科学と芸術の両側面を持っているということ。

« 頭の整理 | トップページ | 仕切り直し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、べべです。
いつもぴの子さんには お世話になってます。
ちょっと質問っていうか、気になるのですが…

カウンセリングをしていて、相手の悩みとか憂鬱な気分に入り込んでしまったり、同調してしまったりってことはないんですか?
私は誰かに相談されると、自分まで悩んで悲しい気持ちに沈んでしまうので、全く役に立てません。
冷静に、客観的に話を聞くことができないので。

 べべさん、コメントありがとうございます。この記事はあくまで「理想論」ではありますが、少しだけ補足させてもらいます。

 ご質問の件ですが、”相手の悩みとか、憂鬱な気分に入り込む”ように心がけています。
 
 しかし、クライエントさんの問題をそのまま受け取り、「自分のことのように」背負ってしまうと、その重さのため身動きがとれなくなってしまいます。問題を背負っているのは、あくまでクライエントさんであり、私はそれを「感じるのみ」です。というか、それしかできません。身代わりにはなれませんから・・・。

 そうして、クライエントさんの内面を「感じる」ことによってクライエントさんの問題の本質を見極めることができるので、その後の助言や治療が適切なものになる、ということです。

 べべさんは、相談されるとご自分まで悲しい気持ちに沈んでしまい、全く役に立てないとのことですが、「聴いて同じ気持ちになっている」というだけで、十分役に立てていると思いますよ。

 それと、近しい間柄の人が相手の場合、なかなか客観的にはなれません。ですから、普通プロのカウンセラーも、そうした方にはカウンセリングは行わないということを付け加えておきます。

 長々と失礼しました。これに懲りずにまたコメントくださるとうれしいです。

たまたま訪れたブログでしたが、とても共感して見入ってしまいました。カウンセラーの方で、真に心理療法の進化を捉え、研究していらっしゃる方がどのくらいいらっしゃるのでしょうか。そうですね。隠れ家さんが感じていらっしゃることはその通りだと思います。私も、ひとりのアーチストとしてクライエントさんと関わっていきたいと思っています。

徳丸さん、コメントありがとうございました。同業の方のようですが、共感して頂けてうれしかったです。このところネット環境の変更などもあり更新が滞っていますが、また立ち寄ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭の整理 | トップページ | 仕切り直し »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ