フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 雨の紅葉狩り | トップページ | 睡眠学習 »

2006年11月20日 (月)

とある講義で・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへこの記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
広島 カウンセリングルーム メンタルヘルス

 先週、大学の講義をしているときのことです。学生たちは実習の期間ということで、参加人数が少なかったため、本来の講義内容を少し変更してワークを行いました。内容は「ストレス解消法」です。


 様々なストレスに対処していくための方法の一つとして、心身のリラクセーションを指導することが目的だったのですが、そこへ導入するために、始めはストレス理論の説明をして、現在自分が自覚しているストレスをチェックすることから始めるのが定石です。しかし、学生たちは福祉学科の3年生ということもあり、「ストレス」に関しての一般的な知識は持っているだろうという私の「思いこみ」があったので、始めのストレスの説明を省いて、学生たちに「今どんなストレスを感じていますか?」と問いかけたのです。


 そうしたら、こんな答えが返ってきました。


 「先生、”ストレス”って何ですか?」


 ・・・(しばし唖然)


 「え・・・聞いたことない? あの・・・例えば勉強が辛いとか、人間関係でトラブッてるとか、日常生活で感じるプレッシャーやイライラ事もあるし・・・大学入試のときに勉強が辛かったときとか・・・」


 といった説明でわかってもらえたようですが・・・念のために定石通りの説明を加えたところ、しっかりと理解してもらえたようです。


 学生のレベルがどうのこうのという話しではないです。もし、いつものように学生が大勢いて普通に講義していたとしたら、こうした体験はできなかったわけで・・・おそらく「わかっているだろうな」という思いこみで講義をすすめていたでしょう。


 こちらは専門家としてストレスのことを日常会話で使ってはいても、一般的にはあまり詳しくは知られていない可能性も考慮しつつ、一つ一つ相手の理解度と内容を確認しながら行っていくことの重要性を再確認した次第です。


 さらに、自分の臨床実践においてストレス解消法を指導する場合にも、もっと内容を吟味して、細かく、されどわかりやすく、改良していく余地があるなと感じた次第です。


 慣れているからこそ陥りがちな「思いこみ」という落とし穴を見つけることが出来たことに、件の学生たちには「感謝」です。


 ・・・そのあとストレスから来る身体の緊張状態(こり)の解消法として「筋弛緩法」を指導したところ、しっかりと身体的リラックスを実感してもらえたようです。普段の自分のストレス状態への気づきも持つことが出来たようで、何よりでした。


 近年、学校教育の現場でもストレスマネジメント教育が導入される例があり、ストレスとストレスマネジメントに関する啓発が進んでいる一方で、自分のストレスを自覚できないまま知らず知らずのうちに


 ストレス過多に陥り、メンタルヘルス不全をきたす例も少なくありません。


 子どものストレスに過保護になりすぎるのも疑問ですが、一般的への啓発の必要性をさらに感じたのでした。

« 雨の紅葉狩り | トップページ | 睡眠学習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の紅葉狩り | トップページ | 睡眠学習 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ