フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 「ちょっと」良いこと探し | トップページ | 明日から9月! »

2010年8月31日 (火)

集中力、リラックス、太極拳

太極拳をかなり長くやっています。

私が学んだ太極拳は珍しいもののようで、一般的な太極拳のイメージとは少し異なっているようです。

とても体力が必要な「陳氏太極拳」と、ほどよい動きながらとても演武時間が長い「楊家秘伝太極拳」という2種類が一応、できます。

パワー系、もろに体育会系の陳氏太極拳はとてもきつく、体力を消耗します。楊家太極拳はやっている最中はとても心地よく感じ、演武終了後は逆に身体に力がみなぎってくる感じがします。

いずれも、身体をリラックスさせて、ゆっくりとした動きで演武しますが、ゆっくりとした動きの中で姿勢を維持しながら、身体各部を調和させて動ことを要求されます。

慣れないうちはどうしても身体に力が入り、姿勢が乱れますが、練習を重ねるにつれて、力が抜けていきます。

力が抜けると共に、全身に注意が向くようになり、姿勢を維持しながらゆっくり動くことが苦ではなくなっていきます。

力が抜けているのに、力がみなぎってくるというのも逆説的な表現ですが、本当にそうなのです。

実際、リラックスすると、活力が取り戻せます。

リラックスできていると、元気になります(アクティベーション)。

しかし、完全にリラックス(弛緩)しきっていると、活動どころではありません。

つまり、「適度に緊張」している必要があります。

これを「最適な緊張」と表現しますが、いわゆる我々が求めるリックスとは、「最適な緊張」を意味します。

これは、身体の状態をモニターしてしっかりとコントロールできていなければ実現できません。

そのためには、「集中力」が必要です。

従って、リラックスを求めるには、身体をコントロールする意志の力を強める必要があるのではないかと感じています。

リラックスするために「意志の力を強める」というのも逆説的ですが、太極拳と様々なリラクセーション法を学んできた経験によって体験的に感じているところです。

« 「ちょっと」良いこと探し | トップページ | 明日から9月! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ちょっと」良いこと探し | トップページ | 明日から9月! »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ