フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 上司として、先輩として ~ラインケアの視点から~Ⅲ | トップページ | 学会・・・しかし風邪! »

2010年9月29日 (水)

コミュニケーション・スキル

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリングルーム メンタルヘルス カウンセリング カウンセラー 心理療法 不登校 

 ビジネス始めその他の世界で、精神を病む人々が増え続けています。自殺者の数も3万人台が11年連続で続いているとのこと。その多くがうつ病などの精神疾患を抱えていることも知られています。その背景には、競争社会などによって仕事上のストレスが増えているということも一因としてあるでしょう。仕事上のストレスにもたくさんのストレッサーがある中、やはり人間関係が大きい要因を占めているようです。

 実際、カウンセラーとしての経験からも、精神的に破綻する人の多くは何らかの人間関係に破れていることが多くみられます。人間関係、すなわち「コミュニケーション」の問題といえます。特に新卒者などは、大学というある程度固定された人間関係の中から、社会人という全く異質の世界にはいることによって、今まで保っていたコミュニケーションパターンが崩れてしまい、不適応をきたすケースが多く見受けられます。多くはその中から新しいパターンを学び、そして適応していくことができるわけですが、中にはなかなかなじむことができないで、エネルギーを使い果たし、休職そして退職してしまう人も少なくありません。

 そうした適応できない人には、メランコリー気質といった性格的負因が潜んでいることも少なからずありますが、一方でコミュニケーションスキルの欠如という、社会的な学習の不足があることも事実です。そうしたものは、訓練次第である程度身につけることが可能ですので、単に「性格の問題」と片づける必要はなくなります。少なくとも現代社会において、コミュニケーションを円滑に進めるためのスキルを一定レベル保有していることが求められるシーンが多いので、それが不足している場合、社会に適応するには困難さを感じることが多いと思われます。

 「訓練」には、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)が用いられることが多いですが、他にも、その人にあった(応じた)適切な方法を工夫することができます。一口に人間関係といっても、そこには、本人を取り巻く状況や、様々な複雑な思いが交錯していますので、それらをできるところから解きほぐし、一つ一つ学んでいけたら、世界が広がること請け合いです。

« 上司として、先輩として ~ラインケアの視点から~Ⅲ | トップページ | 学会・・・しかし風邪! »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

認知行動療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上司として、先輩として ~ラインケアの視点から~Ⅲ | トップページ | 学会・・・しかし風邪! »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ