フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 子どもの発達Ⅱ | トップページ | 30年ぶりの蚊帳体験! »

2010年9月 2日 (木)

そういえば秋、読書の秋

仕事がら、新しい知識を仕入れなければなりませんので、学会誌や専門書、一般書の類もよく読みます。

大学の図書館で借りることもありますが、自分の手元にないと不安なので、たいてい購入して読んでいます。

必要に応じて、買う本を決めて買いに行くことも多いですが、何の気なしによった行きつけの書店で手に取った本が面白ければ衝動的に買ってしまうこともあります。

今日もたまたまよった書店で、以前から知っていた作家さんの(実際2冊ほど手元にもありますが、)新刊がありまして、ぱらぱらめくってみたところとても興味深い内容で、買おうか買うまいか大いに揺れたのですが、結局見合わせました。

と、言うのも、恥ずかしながら、買って読んでいない本がまだ数冊ありますもので・・・。

いわゆる”積ん読”ですか。

そういう本って、きまって専門書です。

「時間を見つけて、まとめて読もう」と思いながら、なかなか手をつけられていない本たちです。

そういうのって、結局、「あまり必要なかった」のでしょうか?

確かに、すぐに必要なことがあれば、どんなに難解な本でも真っ先に読んでいるはずです。

あるいは、「簡単な」本なら、ちょっとした暇に読み始めていることでしょう。

あまり必要ないけど、面白そうだから、とりあえず買っておこう、という類の専門書ほど

本棚の肥やしになってしまっています。

読めばそれなりに為になることは分かっていますし、読めば読んだで集中できることも分かっています。

ただ、「読まないことのメリット」もたくさんあるわけですね。

こういう時は認知行動療法です。

買った本を読むことを先延ばしにすることをやめ、

私の「脳」の肥やしにするべく、読み始めたいと「宣言」します。

« 子どもの発達Ⅱ | トップページ | 30年ぶりの蚊帳体験! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの発達Ⅱ | トップページ | 30年ぶりの蚊帳体験! »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ