フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 赤ちゃん学 | トップページ | 行動療法学会 »

2010年10月25日 (月)

たまには音楽

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリングルーム メンタルヘルス カウンセリング カウンセラー 心理療法 不登校 

 音楽療法を例に出すまでもなく、音楽による心身への効果もよく知られています。以前少しブログでも書いたことがありますが、TPOに合わせた音楽を聴くことで、気持ちを盛り上げたり、リフレッシュしたり、リラックスしたりと様々な効果が見込めます。

    1. 疲れた心に快い音楽(ヴィヴァルディ:四季;春) 
    2. 不安な気持ちと共鳴し気持ちを鎮める音楽(ストラヴィンスキー:火の鳥第1楽章) 
    3. 自殺の心理を語り合える音楽(グリーク:ペールギュント;オーゼの死) 
    4. 憂うつな気分と同調する音楽(チャイコフスキー:憂うつなセレナーデ)
    5. イライラ・欲求不満・怒りを吹き飛ばす音楽(シベリウス:フィンランディ)
    6. 憎しみ・嫉妬を和らげる音楽(ハチャトリアン:剣の舞)
    7. 悲しい気持ちがわかり合える音楽(ショパン:幻想ポロネーズ)
    8. 穏やかな気持ちになれる音楽(スメタナ:交響詩モルダウ)
    9. 明るく軽快になる音楽(シューベルト:楽興の時)
    10. 爽快な気持ちになれる音楽(ボロディン:交響詩中央アジアの草原にて)
    11. 生きる喜びと勇気がわきでる音楽(ブラームス:交響曲1番ハ単調)
    12. 美人になる音楽(サラサーテ:チゴイネルワイゼン)
    13. 思索するときのBGM(バッハ:シャコンヌ・ニ長調)
    14. 記憶力を高めるBGM(ベートーベン:エリーゼのために)
    15. どんどん自信がわいてくる音楽(ヴェルディ:アイーダ凱旋行進曲)
    16. 眠りを誘うBGM(ドビッシー:ピアノソナタ夢)
    17. 快い目覚めを誘うBGM(ヨハンシュトラウス:美しき青きドナウ)
    18. 愛の語らいを盛り上げるBGM(クライスラー:愛の喜び)
    19. 安全ドライブのためのBGM(イヴァノビッチ:ドナウ河のさざ波)
    20. 食卓をいろどるBGM(モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク)

 これは昔、大学の講義の時に、芸術心理学も研究していた私の恩師から頂いた資料の一部です。これらすべて試してみたわけではありませんが、音楽にお詳しい方は試してみられるのも一興かも。

 これらは全てクラシックですが、私のお気に入りはこれでした。

古事記 Music 古事記

アーティスト:喜多郎
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2005/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 最近の喜多郎さんの作品は耳にしていませんが、私の中では最高傑作と思っています。作品が発表された当時(1989年頃)、出雲大社の拝殿前で奉納コンサートが開かれたのですが、かがり火の中で演奏するなど、幻想的な演出でとても心に残っています。このアルバム一枚で古事記の時代をドラマチックに表現してあり、構成も秀逸です。

 苦しかった病院修業時代に、家に帰ってからよく聴いたものです。

 疲れた時にこの一枚!

 これは私にとっての「聴く」安定剤ですね。よく「効き」ます。

« 赤ちゃん学 | トップページ | 行動療法学会 »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

認知行動療法」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃん学 | トップページ | 行動療法学会 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ