フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 2012年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年11月14日 (木)

こころの成長 ~「甘えさせる」と「甘やかす」~

子どもの体は日々成長を続けていますが、それに伴い「こころ」も発達をしていきます。心の発達そのものは目に見えませんが、子どもの日々の振る舞いや習慣によって見て取ることができるでしょう。親の実感としては、「大人になったなぁ」としみじみする一方で、「いつまでたっても子どもだなぁ」と苦笑いする瞬間もあることでしょうね。子どもは甘えながら自立を目指していきますので、大人から見ると、「わがまま」だらけですね。特に思春期は嵐の時期であり、独立と依存の狭間で葛藤を繰り返すことで、大人としての振る舞いを身につけていきます。

例えば、ゲームばかりして宿題をしない子どもがいるとしましょう。何度言っても聞かないので、親は子どもに宿題をさせようとゲームの時間を制限したところ、子どもは強く反発し、親に対して暴言を吐きました。それに対して親はその感情の爆発を正面から受け止め、繰り返し言って聞かせて説得したところ、子どももイヤイヤながらも納得しました。その後、子どもは宿題も自発的に行うようになり、ゲームも決められた時間内でできるようになりました・・・。

これは「甘えさせる」の典型的な例です。子どもの反発は「甘え」ですので、それを受け止めながら(甘えさせながら)説得をしたことが功を奏し、子どもの成長につながりました。もし、子どもが反発するので、「仕方なく」ゲーム制限を撤廃したとしたら、それは「甘やかす」ということですネ。甘やかすのは、子どもの甘え(反発)を受け止められなかった、ということを意味します。当然、子どもはますます「甘える」ことを覚え、自立が遠のいてしまいます。

親がうまく甘えさせ、子どもがうまく甘えることができると、子どものこころはより成長し、自立への歩みを進めることができるのだと思います。中学生ともなれば、大人と同等の言語能力を身につけているので説得には手を焼くことと思いますが、親子でじっくり話し合う、というスタイルは、子どもの社会性を育み、家族の絆を強めることでしょう。

« 2012年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ