フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 午睡(シエスタ)のすすめ | トップページ | 不登校問題にかかわって »

2014年6月15日 (日)

子どもも大変だ。「不登校」として現れるうつ

学校のカウンセリングではニーズに応じて仕事の内容が決まりますが、やはり不登校の問題が頻度としては多くなります。私がスクール・カウンセラーを始めて12年前になりますが、この12年でも学校を取り巻く状況は大きく変わり、児童・生徒の問題もより多様化してきたように思います。10年前には通用したようなことが今はもう通用しない、ということも多く、それに応じて対応の仕方も変えていかないといけないわけで、試行錯誤の日々です。

不登校も一口に不登校といっても様々なタイプがありますが、このところの不登校にはやはり発達面での問題や家庭環境との相互作用、そして、自分で自分にプレッシャーをかけすぎるような性格的特徴によって生じる息切れ症候群とでも言うべき、「うつ」が背景にあることがとても増えているように思います。子どものうつ病は前から指摘されていますが、症状としては、抑うつ的になるよりも、イライラしたり、怒りっぽくなったり、体の症状として現れるなど、わかりにくい症状が多いのですが、近年は、大人と同じように気分の落ち込みや罪悪感などによって人生に絶望するタイプのいわゆる「メランコリー型のうつ病」が子供にも蔓延しているような印象です。

昨日、何気なく見ていたテレビ放送でも子供のストレスについて取り上げられていましたが、最近の子供の多くには勉強やスポーツ、習い事、複雑化する人間関係など、やたらと「義務」を課せられているような気がします。その中で子どもは期待に応えることを義務と捉え、自尊心を高めていくことができるのでしょうけど、一方ではとても息苦しい生活をしていることになるのかもしれません。親の期待、義務感の中で、子どもの本来の「義務」である遊びが奪われてしまうと、当然、心は疲弊していきます。大人でも遊びがないと容易にうつになってしまいますが、子どもなら尚更です。

子どもに軽い抑うつが続くと、次のような経過をたどることが多いようです。ゲームなどへ逃避的行動の増加(やがて依存に至る危険)、昼夜逆転(不眠)、睡眠不足による寝坊、五月雨登校、完全不登校。そして、お決まりのように、「日内変動」が起こります。大体、朝は強度のうつ状態、昼を過ぎて、夕方になると元気になり、寝る前には「明日は行く!」と宣言します。しかし、朝は起きられず、同じことの繰り返しになります。こうした場合、本人は、「学校へ行きたい」という気持ちを持っているけど、朝になると動けない、という状態が条件付けられてしまいます。

こうした子どものうつとも思える不登校に出会うといつも思うのことは、まずは疲れた心を休ませるために、あえて学校を安心して休ませる環境を作れないものか、ということです。そして、好きなことに取り組む中で、徐々に自分の本来の力を取り戻してくプロセスを後押ししていくように、保護者も柔軟に対応し、学校も環境を調整していく、というように、あせらず長期的な展望で考えていくことです。

うつはそもそも頑張りすぎだから、「頑張れ」と励ましてはいけない、とよく言われます。しかしながら、子どもに対してはそれが考慮されることは少なく、頑張り過ぎで息切れしている子供に、親や学校が登校を促すことは「もっとがんばれ」と言っているのと同じことです。

実際、子どものうつは本当に「うつ病」として捉えられるものなのか、それともいわゆる「わがまま」と捉えられるものなのか、その一線を見極めるのは難しいものですし、うつが家庭内の環境によって二次的な問題をもたらすことも少なくなく、それがますます見立てを難しくしてしまうこともあります。

子どもが学校へ行かなくなったら、多角的な見方で状況を整理して、適切な働きかけを出来るだけ初期の段階で行うことで、早期の解決が見込めます。大人の場合も子供の場合も、「急がば回れ」の気持ちで、少し余裕を持って関わりたいものです。特に、子どもの重要な治療的資源としての親の存在の大きさを強調しておきたいと思います。

今日もお読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

子どもの問題にも対応しています↑

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

« 午睡(シエスタ)のすすめ | トップページ | 不登校問題にかかわって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午睡(シエスタ)のすすめ | トップページ | 不登校問題にかかわって »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ