フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« ブッダの教えと認知行動療法 | トップページ | とんかつはカットして食べる~問題解決の視座 »

2014年6月28日 (土)

人は見たいものしか見ていない~考え方を変える考え方

サングラスをかけたら景色が暗く見えます。青い眼鏡をかけたら青く、赤い眼鏡をかけたら赤く見えると思います。色つきの眼鏡をかけることによって、光成分が選択的に目で受容されているわけです。あるいは、「逆さめがね」というものがありまして、レンズに細工が施してあり、かけると天地が逆に見える、という眼鏡ですね。最近はテレビやゲームでも「3D」が話題ですが、これも、3D用の映像に対して専用の眼鏡をかけます。このように、工夫された眼鏡をかけることによって、人間は様々な視覚体験をすることができます。

実は、これと同じようなことが、「考え(認知)」にも同じように起こります。人の認知は、いわば「心の眼鏡」によって大きく影響を受けるものです。「心の眼鏡」とは比ゆ的な言い方ですが、「それを通して物事をとらえる心の持ちよう」とでもいえばよいでしょうか。別の表現では「信念」という言い方もできるかもしれません。

とにかく、人にはそうした信念というか、「頑なな思い込み」が発達の結果として形成されており、それに基づいて、外界からの刺激を受け取り、その信念にのっとった思考、感情、そして行動を生じさせると考えられています。人の物事の感じ方、考え方が人それぞれなのは、その「心の眼鏡」が一人ひとり異なっているからですね。

認知行動療法では、心に悩みを持つ人は、自らを苦しめるような心の眼鏡をかけていると考えます。いうなれば、自分に対して否定的な信号のみが透過してくるような眼鏡をかけているということです。そうすると、客観的な刺激としては、肯定的な信号や中立的な信号も含まれているはずなのに、否定的な心の眼鏡によって、それらの信号がカットされてしまい、否定的な信号のみをとらえてしまうことになります。そうした眼鏡を通して得られた情報によって思考や感情が生じることになるので、必然的にそれらもネガティブなものになってしまい、行動も同様にネガティブなものにならざるを得ない、ということになります。ネガティブな行動は、自分のネガティブな思考・感情を確認することにつながるため、その認知と行動パターンがますます強められ、持続すると考えられます。

ということは、このネガティブな認知・行動パターンから脱するためには、その「心の眼鏡」を外すか、色を変えてみればよいということになります。しかし、「心の眼鏡」は意外と強力なものであり、3D眼鏡のようにすぐに掛けたり外したりできるものではないのが難しいところですね。

ただ、考え方として、いろいろな色のメガネを複数持っていて、自分の意志で自由にかけかえられるものだ、という気持ちを持つことは大切です。色々なパターンを試してみることが改善につながります。

今日もお読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

« ブッダの教えと認知行動療法 | トップページ | とんかつはカットして食べる~問題解決の視座 »

うつ予防」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

認知行動療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブッダの教えと認知行動療法 | トップページ | とんかつはカットして食べる~問題解決の視座 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ