フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 人間関係を滑らかにするために | トップページ | 「良い眠り」してますか? »

2014年6月 4日 (水)

ワークライフ・バランス(仕事と家庭の両立)について

「職場の仕事、家庭ほどストレスにならず」

ウォールストリート・ジャーナルの日本版の記事に、このような興味深い研究が掲載されていました。これまでは職場の方が著しくストレスが大きいという理解に基づいて、家庭でのストレス解消を大事にしましょう、というのがメンタルヘルスの常識でしたが、それを覆す内容です。

詳細は原著を読まないとわかりませんが、経験上は「?」に思うところと、納得がいくところが半々くらいでしょうか。カウンセリングの際、「家にいるより仕事している方が楽」とか、仕事よりも家庭での夫婦関係とか子供の問題でストレスを抱えている相談が多いのも事実ですし。

どうやら、記事の内容からは、(ほかにも考慮すべき点は多いが、)仕事には「価値」があり、家庭ではそれが少ないことが影響している、ということのようです。確かに物事に「価値」とか「意味」を見出すことができれば、心の健康度はアップすると思われますし、実際、仕事優先で生活している人には仕事の方により大きい価値をおいている人が多いのも事実でしょう。

しかし、だからと言って、職場での持続的なストレス状況が不調をきたす一因となることも事実ですし、こうした情報でますます仕事にのめり込んでしまう人が増えたりしないかということも危惧します。

いくら仕事に価値を見出して家庭よりもストレスが少なく充実して仕事をしたとしても、そこからの逃げ場がなければ、なにかのきっかけでぽきりと心が折れてしまうことも。

実際のカウンセリングでは、仕事上の疲れで不調をきたしている人の多くは、家庭での生活にあまり充実感を見いだせていないことが実際、多いです。そうした場合、家庭でのストレスの減らし方、楽しみごとの見つけ方、家庭生活を充実させるために、という方向性でのかかわりが多くなり、それで成果も上がっています。

個人的な印象としては、多くの人が、仕事上のストレスを家庭にも持ち帰って、それをあまり適切でない方法で解消しているように思うことが多いです。仕事で疲れた心身状態で、家庭でのストレスにさらされると、結果的に累積されたストレスが大きくなってしまうのかもしれません。

結局、私見になりますが、臨床的には、仕事一辺倒の価値観や、仕事>家庭となっている価値観を見直して、仕事と家庭の両方に価値をおけるようにしていくことで、仕事の疲れを癒し、さらに生活全体を活性化できる、ということでしょうか。

今日もお読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

« 人間関係を滑らかにするために | トップページ | 「良い眠り」してますか? »

うつ予防」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間関係を滑らかにするために | トップページ | 「良い眠り」してますか? »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ