フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« とんかつはカットして食べる~問題解決の視座 | トップページ | 意志とは何か~やりたいことからやってみる »

2014年7月 9日 (水)

食と健康~美味しく食べてますか?

ここ一月ほど、一日二食生活を続けています。朝食を抜くのですが、正確には青汁とフルーツ(リンゴや夏みかん、プルーンなど)を少々食べていますので、「減朝食生活」といった方がいいでしょうか。昼や夜は全く普通に食べています。

特に健康診断でメタボ(予備軍含む)と診断されて減量をすすめられているわけでもなく、このところお腹の出っ張りが気になってきたわけでもないのですが、たまたま読んだ一日二食に関するサイトの情報に乗っかってみているところです。昔は玄米菜食も実行したことがあり、健康情報にはけっこう敏感なのです。

さて、私は「食べること」はメンタルヘルスにとても深い関係があると思っています。

摂食障害は「食」に関する病として有名ですが、それほどではなくてもストレスを感じることによって普段の食習慣が変わることはよくあります。たとえば、気分がうつになると「食べる気がしなくなる」「または食べ過ぎてしまう」、嫌なことがあると「飲みすぎてしまう」「甘いものを食べすぎてしまう」というような経験は誰しも日常的によく経験することでもあります。

一過性の「ストレス発散」の為なら少々の変化はあってもいいものでしょうけど、これが常態化してくると、やはり体のバランスを崩して、かえって心にも悪影響が出てくることもあり得ます。

やけ食いより「ヤケ寝」を提唱する精神科医の先生もおられますが(こちらをご覧下さい)、食をコントロールすることはそもそもストレス・コントロールにつながる実に身近なセルフケアの方法でもあるのかもしれませんね。お酒にしてもタバコにしても、甘いものにしても、嗜好品という自覚を持って美味しくいただきたいものですね。

一日二食は少しだけ忍耐がいりますが、夕食の美味しさは格別です。だからといって食べ過ぎないことも肝に銘じておきたいと思う今日このごろです。

今日もお読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

« とんかつはカットして食べる~問題解決の視座 | トップページ | 意志とは何か~やりたいことからやってみる »

うつ予防」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とんかつはカットして食べる~問題解決の視座 | トップページ | 意志とは何か~やりたいことからやってみる »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ