フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 意志を強くするために~やりたいことの先にあるもの | トップページ | コミュニケーションは双方向 »

2014年7月22日 (火)

考え方のグラデーション

「考え」とはいうなれば「あぶく」のようなものです。次々と浮かんできては、消えていきます。ふと何か「いい考え」が浮かんだ時に、何か別のことに気を取られてしまって、その「いい考え」が二度と再び浮かんでくることはなかった、という経験をされることも多いのではないでしょうか。

本来「考え」とはこのようにうつろいやすく、儚いものなのですが、時としてそれがしつこくしつこく、忘れようとすればするほど思い出されてしまったり、あえてそれについて考え込んでしまったりして、次第にその「考え」にとりつかれてしまうことがおこります。

悩み、とはこのように「考えにとりつかれた」状態と言えるでしょう。このような時の考えは、大体において、「極端」な状態になっています。よく言う例えが、「白黒思考」であったり、「ゼロ百思考」などでしょうか。

認知行動療法では、この極端な考え方をもう少し柔軟にすることが目標の一つになりますが、例えば、「マイナス思考」を「プラス思考」にするとか、「ネガティブ思考」を「ポジティブ思考」にするとか(どちらも同じですが)いいますが、結局これは、極端にマイナスな思考をもう一方の極端の方に偏らせましょう、ということにほかなりません。それでは、実際、クライエントさんの実情に合わないことがほとんどです。

実際には、こう両極端にするのではなくて、考え方にも、「グラデーション」があると考えると、極端にならずに柔軟に物事を受け取っていけるようになります。「選択肢」といってもいいでしょうか。ある状況において考えられる「考え方」には複数の可能性があって、マイナス面を否定することなく、むしろマイナス面も取り入れた上で、それを実情に合わせて使い分けていけたらいいのですね。

ただ、そういうことも理屈で分かってはいても、実際の場面ではなかなか実行できない、という方も多いのではないでしょうか。この理屈と実際の間の「橋渡し」をどのようにしていくのかが、思考をコントロールする上で、重要な作業になります。

今日もお読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

« 意志を強くするために~やりたいことの先にあるもの | トップページ | コミュニケーションは双方向 »

うつ予防」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

認知行動療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意志を強くするために~やりたいことの先にあるもの | トップページ | コミュニケーションは双方向 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ