フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« コミュニケーションは双方向 | トップページ | 暑い夏に「太陽がいっぱい」 »

2014年7月25日 (金)

自分の気持ちがわからない時

自分の本当の気持ちがわからないとき、これも悩みが深まる理由の一つですね。あれこれ考えすぎて考えが行き詰まってしまったり、いろいろな人に相談することで(「船頭多くして船山に登る」ではないですが)ますます迷宮に入ってしまったり、ということもあるのではないでしょうか。

また、DVを受けていたり、虐待やパワハラなど力で押さえ込まれるような状態を長期間経験することで、自らの頭で考えて行動する、というような本来誰にでも保証されているような「自発性」が弱まってしまう、ということも起こり得ることです。

もっとも、自分の本当の気持ちよりも、親や世間の一般常識のような、共有されている価値観の方が優先されてしまうことも無理ないことで、ある意味、多くの人が「本当の気持ち」を押さえ込んで生活しているという方が適切かもしれません。そういう場合は、ある意味社会に適応して生活しているという点では悩みは少ないと言えるかもしれません。

ただ、何らかのライフイベントをきっかけとして、その自分の本当の気持ちに「嘘」をつけなくなってしまうという状況が起こってくると、一気に悩みは著しい「苦悩」として沸き上がってくるようです。

本当は自分はどうしたいのか、何がしたいのか、言い換えると、今置かれている状況から「離れたい」「抜け出したい」という強い動機に裏打ちされて、「自分探し」の旅に出るといってもいいかもしれません。

まあ、あまり大げさに考えないで、まずは「今やりたいこと」から始めるのもひとつの解決法です。喉が渇いたら水を飲む、眠たくなったら寝る、欲しいモノがあるなら買いに行く、言いたいことがあるなら言ってしまう、などなど「今の願望」に素直になると、その先にある「願望」つまり自分の本当の気持ちにたどり着く手がかりになるでしょう。

自分で自分に妙な「制限」をかけていませんか?

今日もお読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

« コミュニケーションは双方向 | トップページ | 暑い夏に「太陽がいっぱい」 »

うつ予防」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

心理学関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュニケーションは双方向 | トップページ | 暑い夏に「太陽がいっぱい」 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ