フォト

ブログ引っ越しのお知らせ

  • 隠れ家への入り口
    当ブログは上記のアドレスへ引っ越しました。 新しい記事はそちらでご覧ください。 (10秒後に自動的に新アドレスのトップページに移動します)

認知行動療法による専門カウンセリング

  • 広島心理教育研究所
    臨床心理士による認知行動療法専門のカウンセリングルームです。主に働く人へのメンタルヘルスに関する支援をご提供しております。うつ気分や不安が高い状態を生み出す問題を整理して解決への見通しをつけるとともに、お一人お一人に適したアプローチで、必要な支援を行います。ご予約等、詳細は公式サイトでご確認ください。

お知らせ

セミナー・研究会

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書

リンク集

« 職場環境改善研修会 | トップページ | カウンセラーの休日の過ごし方~月曜病にならないために »

2014年11月 9日 (日)

カウンセラーの休日の過ごし方

今日は一日休日でしたので、子どもの保育園のお祭りに家族全員で参加しました。あいにくの雨模様でしたが、大勢の人が訪れていて、大盛況でした。

私は正直疲れていたので、あまり乗り気ではなかったのですが、参加してみると、こどもが描いた絵画や製作物展示を見るだけでも少し癒された気分にもなりましたし、普段は見られない子供の一面なども垣間見ることができて、まんざらでもなかったです。

20140709_
父の似顔絵です↑

子どもも今年年長なので来年からは参加できない事を思うとさらに感慨深いものもありました。もっとも、来年からはさらに大変そうな小学生生活が始まりますので、子ども関係のイベントもさらに増えるのでしょうね。

プライベートではしっかり休養を、とはメンタルヘルス研修等でいつもお伝えしていることですが、自分自身ができているかというと、そうでもないです。うちの場合は、子供が小さいのでどうしても手がかかり、子供中心の生活なので振り回されっぱなしです。ただ、そこは考え方次第!と自戒を込めて強調してみます。

仕事もそうですが、「いやいや」やることは倍疲れます。チームワークを保って「いきいき」とやると、同じことでも充実感を持って活力を生み出すもとになることもあります。

「たまの日曜日、ゆっくり過ごしたいなぁ。」と思っているところに何か用事ができてしまうと、「え~、せっかく休もうと思っていたのに…。」と思いがちですが、「そうか!よーし、ワシの出番だ!」と思うとどうでしょう。エネルギーがわいてくるような気がします。

休めるのなら休むのに越したことはないですが、動かなくてはならない時には、そこに「やりがい」を見出していくことで、活力を生み出していくのも大人の知恵なのかもしれませんね。子育てがかかわる場合、夫婦、家族間のチームワークも大切ですね。

続きはまた今度。

お読みいただきありがとうございました。

心理カウンセリングオフィス 広島心理教育研究所

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー 心理 うつ 不安 メンタルヘルス 

« 職場環境改善研修会 | トップページ | カウンセラーの休日の過ごし方~月曜病にならないために »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 職場環境改善研修会 | トップページ | カウンセラーの休日の過ごし方~月曜病にならないために »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リラクセーション

  • リラクセーションに関する技術・技法を幅広く研究、実践しています。いわゆるマッサージ等ではなく、自分自身で日常的に行うことができるセルフケアのための方法です。筋弛緩法や自律訓練法、呼吸法、ボディワークなどを取り入れ、心と体の調和したマインドフルな生活を目指します。 緊張性の頭痛、肩や首のコリといった身体的な症状の緩和に効果的で、不眠や不安の緩和にも役立ちます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ